ブログ内記事の検索できます☆
 
昨日の人気記事

    2016年03月09日

    <特定商取引法改正案>悪質業者に罰金最大1億円 閣議決

    政府は3月4日、訪問販売などで、
    うそをついて商品を購入させるなどした業者への罰金を
    現行の300万円以下から1億円以下に引き上げることなどを
    盛り込んだ特定商取引法改正案を閣議決定した。

    大量の商品などを購入させる「過量販売」に対する
    契約取り消し権などを設けた消費者契約法改正案も閣議決定。
    今国会で成立すれば来年中にも施行の見通し。

    両法案は、高齢者にかかわる消費生活相談の増加や
    悪質業者の手口の巧妙化を受け、悪質商法の規制強化を目的としている。

    特商法改正案では、罰金を引き上げて刑事罰を強化するほか、
    同法違反による業務停止命令などの処分を受けた業者に対して
    消費者への返金を指示できるとし、消費者の利益保護も強化した。

    さらに訪問販売に適用されている過量販売規制を
    新たに電話勧誘販売に拡大する規定も盛り込んだ。

    また、業務停止命令を受けた法人の取締役などが、
    社名を変えて別の法人を設立し、同じ業務を継続することを禁止。

    違反した場合、個人には3年以下の懲役または300万円以下の罰金、
    法人には3億円以下の罰金を科すとしている。

    現状では悪質業者が同法違反で業務停止命令の処分を受けても、
    その業者の役員らがすぐに別の会社を設立して同じ違反行為を繰り返す
    「処分逃れ」をするケースもあり問題となっている。

    消費者契約法改正案では、契約の取り消し権のほか、
    業者が契約書で「いかなる場合でも契約を解除できない」などと定めた条項を
    無効にする規定などを入れている。

     【ことば】特定商取引法

    訪問販売や電話勧誘販売など特定の商取引を対象に、
    業者と消費者間のトラブルを防ぐため制定された。
    業者に対し、勧誘の際に業者名や勧誘目的であることを告げることを義務づけ、
    消費者への虚偽説明や威圧的な勧誘などを禁止。
    一定期間内なら消費者が契約解除(クーリングオフ)できることなどを定める。
    かわいい<特定商取引法改正案>悪質業者に罰金最大1億円 閣議決定


    ******

    信用もへったくれも無く、商売する人は大っ嫌い!
    人をだまして自分の利益しか考えない人、大っ嫌い!
    人に迷惑をかける人は、自分も破滅するわ!
    かわいいマルチ取引大手に一部業務停止命令へ

    あ〜すっきりした…パンチパンチ
    本日、2回目の怒りです٩(๑>∀<๑)۶笑


    AD


    posted by らら子☆ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    マルチ取引大手に一部業務停止命令へ

    消費者庁は事実に基づかない説明をして勧誘行為をしていたなどとして、
    水素水や健康食品などの販売会社「ナチュラリープラス」(東京都港区)に
    特定商取引法違反(不実告知など)で一部業務停止を命じる方針を固めた。

    同社は健康食品や化粧品などについて
    ネットワークビジネスと呼ばれるマルチ取引を中心にした訪問販売を展開している。
    2015年の売り上げは216億円で、マルチ業界7位の大手。
    同様の問題は他社でも指摘されていて、業界への影響もありそうだ。

    関係者によると、新規の会員を勧誘する際に、
    ▽販売員が氏名などを明示しなかった
    ▽契約の概要書面を渡さなかった
    ▽「病気が治る」などの虚偽の説明をした
    ▽強引な勧誘など迷惑行為、などがあったという。

    国民生活センターへの同社に関する相談件数は09年度以降、
    200件前後で推移し、14年度は271件と増加している。
    このため消費者庁は昨年4月に東京と大阪の拠点事務所を立ち入り調査し、処分の是非を検討していた。

    これに対し、同社は5月に、新規会員の登録と勧誘について自粛を発表。
    新規登録時の本人確認の徹底、勧誘員にテスト受講の義務化、
    違反者の処分、商品にクーリングオフのはがきを同封するなどの対策をしたうえで、
    6月中旬から業務を全面再開していた。

    センターへの15年度の相談は166件(12月まで)と減少傾向にあるが、
    消費者庁は「クーリングオフはがきを入れるようになったことでセンターへの相談は減ったが、
    問題ある勧誘が改善されているとは言い難い
    」と判断。
    処分に踏み切ることを決めた。
    かわいいマルチ取引大手に一部業務停止命令へ 消費者庁が方針
    かわいい<特定商取引法改正案>悪質業者に罰金最大1億円 閣議決



    ******


    せっかく法改正によって見直してくれているのに
    かわいい2015年の法改正により「ネットワークビジネスが日本を救う」月刊国会ニュース特集記事☆
    なにしてんのよー!!!
    と怒りたくなってきますよね!

    マルチやろうが何やろうが仕事でしょ!
    販売するのも販売員を募集するのも他の会社と一緒!
    信用を大事にしてほしいわ!

    自分の成績ばっかり考えているから
    こんなアホなことするんじゃないの??


    普通の会社でこんなことやったら
    上司に怒られるし始末もんやわ!

    まともな会社で営業の経験積んでからやれー!!
    と言いたくなってきます。"(-""-)"

    良い事は広がらないけど悪い事は広がるから
    真面目にMLMしている会社や人は大迷惑
    かわいいMLMは 良いも悪いも自分次第☆

    あ〜ちょっと スッキリした…パンチ

    AD


    posted by らら子☆ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    暗号通貨の エイダコイン☆

    ホリエモンさんが
    「オンラインゲームとか ビットコインでやれば凄く簡単だし 向いてると思いますよ。ゲーム毎に入金先のアドレスを表示してくれるとかになれば かなり相性が良いですよ。ああいうのは」とコメントしているのを見かけました。
    かわいい 「ビットコイン 普及への道筋」堀江貴文氏に仮想通貨の真価を聞く

    エイダコイン使用の カルダノという暗号通貨を主軸にしたゲームプラットフォームは ホリエモンさんもOKだしてくれるかな??( *´艸`)

    カルダノ・エイダコインも日本規模ではなく世界規模だから 例え日本で流行らなくても(おいおい) 世界で流行れば価値は大きくなると思います。

    オンラインゲーム市場も世界規模で年々増えています

    kaj.jpg

    世界のカジノ市場は全体で約22.7兆円
    日本のギャンブル市場は全体で約24兆7400憶円
    日本のアプリ課金額も年々増えています

    pa.jpg

    カルダノのターゲット層は
    カジノ・スマホアプリ・オンラインゲーム・公営競技・パチンコ・投資商品など100兆円をこえるターゲットを見込んでいるそうです。

    それにしても日本のギャンブラー多いですね!Σ(゚Д゚)

    ビットコインは
    2009年頃 5000ビットコイン 約2400円
    2013年の始め 1ビットコイン 約1000円
    2013年の終り 2.6ビットコイン 約30万円
    とだんだん値上がってきてます。
    需要があったり人気があると値上がっていきますね。
    2016年現在 1ビットコイン5万円前後で定着しつつあるようですが。

    エイダコインもだんだん値上がっていくと良いですね( *´艸`)
    かわいいカルダノ

    AD


    posted by らら子☆ at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2016年03月04日

    ビットコイン「貨幣」に認定 法規制案を閣議決定☆

    かわいい ビットコイン、「貨幣」に認定 法規制案を閣議決定 ( 2016/3/4 10:31)
    政府は4日、インターネット上の決済取引などで急速に市場が広がるビットコインといった仮想通貨に対する初めての法規制案を閣議決定した。仮想通貨が「貨幣の機能」を持つと認め、オンライン決済などにも利用可能な公的な決済手段に利用できると位置づけた。仮想通貨の取引所を登録制にして監督強化することも盛り込んでおり、利用に弾みがつきそうだ。
    今通常国会で資金決済法を改正し規制案の成立をめざす。現在はビットコイ…

    かわいいビットコイン非課税化の議論 税収か国際競争力か (2016/2/29付)
    仮想通貨ビットコインを「モノ(資産)」とみなし、消費税をかけている日本の税制に関係者の不満が高まっている。金融庁は今通常国会に資金決済法の改正案を提出し、仮想通貨は円のような「通貨」に似た機能をもつと認定する方針だが、税務上は「モノ」のまま。今月、国会で課税の是非について質問が出て議論が始まったばかりだ。
    「世界の潮流に合わせ、仮想通貨に消費税をかけないという検討はできないのか」。2月5日、衆院…

    かわいい仮想通貨、利用者保護急ぐ 登録制や外部監査を導入 (2016/2/25 0:29)
    金融庁は24日、自民党の財務金融部会と金融調査会にインターネット上の決済取引などで急速に市場が広がる仮想通貨の規制案を示した。取引所を登録制にし、外部監査の導入を義務付ける。仮想通貨を「貨幣の機能」を持つと初めて認定することで利用者保護の強化を急ぐ狙いだ。
    初めて法規制の網がかかることで市場拡大と金融とIT(情報技術)が融合する「フィンテック」の技術開発に弾みがつきそうだが、悪質業者の監視などに…

    ビットコインを購入・売却するには取引所が最も確実で簡単な方法です。
    詳しい購入方法等は各取引所のサイトを参照してください。




    ビットコインも 政府の監視下で課税対象になるってことでしょうか
    信用のある取引所のみ生き残るってことでもありますよね^^
    ビットコイン以外の仮想通貨も同じですよ。

    ビットコインの決済社1000を超えてるらしいですね^^
    そして居酒屋さんとか喫茶店屋さんとか、
    「ビットコイン決済サービスはじめました」というtwitterを見かけました
    「ゆるく募集してます〜」みたいな^^

    そして、ホリエモンは「モナコイン」を始めているみたい。
    「普及しないかな〜」と呟いていました^^

    エイダコインも、誰でも自由に見られる内情の良くわかるようなサイトを作ってほしいですね^^
    …まだ早いのかなぁ?笑

    ホリエモン曰く、FXや先物としてビットコインを活用する人はいるけど、
    ビットコインの流通としては日本で広まるのかな?

    とも呟いていらっしゃいました^^
    どうなんでしょうねぇ。現実をしっかり見据えたいですねぇ^^

    たまたまホリエモンのtwitterが目にとまってしまったので
    たくさん参考にさせて頂きました(^^ゞ

    AD


    posted by らら子☆ at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    「触れる」ビットコイン 5月から日本で販売開始☆


    手に触れることができるビットコイン「フィジカル・ビットコイン」が
    日本で5月から発売され、0.001btc分の価値を持つコインで、
    名称は「悟 Satori コイン」
    価格は税込み500円で販売するそうです。

    ビットコインATMの輸入などを行う来夢(三重県鈴鹿市)が
    3月2日、日本初のフィジカル・ビットコイン「悟コイン」を発売すると発表。



    ビットコインも色々動いているんですねー!
    「ZUU online |金融経済メディア」って、なかなか良い情報をたくさんくださるところだと思うんですが、エイダコインも、信頼できるメディア情報に載せるなどすれば良いのに!と思います。

    AD


    posted by らら子☆ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2016年02月23日

    すごい アプリたち☆((*∂∀6))ノシ

    L'Arc〜en〜Ciel、VAMPSのボーカル HYDEさんが
    面白いアプリを披露して下さいました( *´艸`)
    最初見た時、わっっ!!とびっくりしたけれど(^^ゞあせあせ(飛び散る汗)

    「MSQRD.me」というアプリのようです。
    すごい面白いの考える人がいらっしゃるんですね♪

    I'm so hungry

    Hydeさん(@hydeofficial)が投稿した動画 -






    日本が誇る希代のロックアーティスト・HYDEさんが
    これまで公式には語られることがなく
    ベールに包まれていた謎の数々を
    アーティスト活動20周年を迎えた時
    初めて自ら告白するオフィシャル書籍を出版されたのですが、
    (もちろん私も持っています♪)
    THE HYDE


    HYDEさんのファンの方が
    「プリスマ」というアプリを使ってHYDEさんの本をモデルに
    スマホケースを作っちゃったんです♪
    私も作りたい☆٩(*∂∀6)۶素敵☆





    HYDEさんとGACKTさんが♪( *´艸`)
    これはなんというアプリか忘れちゃったけど(^^ゞ
    とてもクオリティが高いですよね(*'▽')カワイイ



    今回ご紹介したアプリは、どれもクオリティが高いと思います。
    スマホケースは実用的ですけど、
    他は遊びだけどスケールが大きく感じますよね♪
    アプリでこんなことも出来るんだ!と感心しました(*'ω'*)

    先日TV見てたら、女子大生が(もしかしたら卒業していたかも)
    起業して、年商4憶円!と言ってましたよΣ(゚Д゚)

    別の起業した女社長の女子大生(もしかしたら卒業していたかも)は
    順調なんだけど もう少し人が集まるまでは無料で開放して、
    集まったら、利用料300円とか考えたいと言ってました。
    良心的だなー!と感心しました。

    どちらも、自分の悩みだったり
    人が困っている事の手助けになるようなことで起業されていました。

    気持ちの良い事は成功するのかもしれませんね!
    あと、一時的にではなく長期的に順調にいく工夫も必要ですよね^^

    それにしても頼もしい若者たちです♪
    そんな起業家さんたちのビジネスの支えとなる収入源が
    いくつかあると更に安心できますね☆




    posted by らら子☆ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2016年02月11日

    755アプリへの悲観的憶測にホリエモン「2年足らずで成功失敗を判断するからダメ」

    ホリエモンはこれまで種を蒔いてきた数々のビジネスは7〜8割の確率で芽が出ていると発言。
    これを受けてコメント欄には、ホリエモンがサイバーエージェントとともに手がける
    トークアプリ「755」について、一般ユーザーからいくつかコメントがあった。

    ユ:打率が7、8割はすごいが、
    その外した2、3割に755も入るのだろうか?
    でも本当にすごいなぁ…
    ユ:リニューアルする755が気になるな。


    これに対しホリエモンが以下のようにコメント。

    ホ:755 地味に頑張ってますよー。今月フルリニューアルするし。
    2年足らずで成功失敗を判断しようとするからダメなんやん笑。
    そんなこと言ったらクックパッドなんか10年くらいかかってるし


    サービスを2年足らずで成功だ、失敗だと判断することは間違いだと指摘。
    IT業界の中で、自身が手がけたサービスはもちろん
    様々なサービスの成り行きを見てきたホリエモンだからこその主張といえるだろう。
    今や優良サービスの代表格として語られることの多いクックパッドのように、
    世間から「成功」という評価が得られるまで時間がかかったサービスも多い。


    サービスの成功は何によって語られるべきなのか

    755はアプリDL数は公表されているが、
    MAUやDAUといった利用者数、サービス単体としての収支なども公開されていないので、
    外野からは詳細をうかがい知ることはできない。

    それにもかかわらず、決算説明会での質疑応答(※)から「755が苦戦」と解釈、
    タイトル付けしネガティブな記事を拡散するネットメディアにも苦言を呈している。

    ※参考 2015 年 9 月期 第 3 四半期 決算説明会 質疑応答の要約(pdf資料)
    Q4.
    「755」の今後の成長戦略は?

    A4.
    芸能人・著名人に紐づくファンをベースにしたアプリだと、著しい成長拡大が見込めない。
    現在、サービスを転換中。

    今月から、サイバーエージェント本体の取締役を「755」の代表取締役に就任させ、
    一般ユーザー同士での交流や回遊を促すようにサービス打開を進めていく。
    冬にかけてリニューアルを行い、その後、一気に伸ばしていく考え。

    そもそもサービスの成功とは何によって語られるのか。
    それはサービスの特性や、運営している会社の事情によっても変動するだろう。

    例えば755のようなSNSサービスと、
    クックパッドのようなレシピ共有サービス、
    NewsPicksのようなメディアサービスを比べても、
    重要視する指標は異なるし、マネタイズの手法も当然異なる。

    創業1年目のベンチャー企業のサービスと、
    数多くの事業を手がけ、
    いまやメガベンチャーと呼ばれる
    サイバーエージェントのような会社が運営するサービスでは、
    成否を判断するポイントや要素は違ってくるはずだ。

    例えば、サービス単体としての利益が出ていなくとも、
    他の事業に高いシナジー効果を生むゆえに重要な位置付けにある場合もあるだろう。
    なので、外野がいたずらにサービスの成功失敗を憶測で語ることにさほど意味はない。


    頑張っている人をdisるだけの人々

    ホリエモンのTwitterに寄せられた755関連のdisにホリエモンは
    「お前さ本当に可哀想な奴だな。
    そうやって頑張ってる人達を一生disって寂しく生きろボケ」とコメント。

    努力できない自分や、成功している人への
    嫉妬にエネルギーを使ってしまっており、生産性はゼロ。
    ホリエモンにdisツイートをしきりに送ってきたアカウントも、
    ユーザーページをみればホリエモンdis用の新規匿名アカウントであることは明白である。

    2月初旬に予定されているという755のフルリニューアル、
    サイバーエージェント藤田社長が「結構いい感じになってきたよ。」とコメント。

    ホリエモンと藤田氏が手がけるということで、
    リリース時から注目を集めてきたが、
    今後サービスとしてどのような進化を遂げるのか、引き続き注目を集めそうだ。
    引用元


    これまで種を蒔いてきた数々のビジネス
    7〜8割の確率で芽が出ていると言うホリエモン。
    凄いですね♪

    755アプリか〜
    過去に 一瞬HYDEさんが登場した事があったので
    私も 一瞬登録しましたね☆( *´艸`)笑

    ついつい JOYPOIと比較してしまうけど…
    JOYPOIも何かぱっとしない気がするので^^;
    サービス改善に努めてほしいな〜〜と思います(^^ゞ
    新機種も続々開発中のようですが^^





    posted by らら子☆ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2016年01月22日

    「ビットコインは失敗作」と言う人が!?Σ(゚Д゚)

    「ビットコインは失敗作」と開発の中心人物が指摘、すべて売却の意向

    誰がそんな事を言うのかと思ったら
    ビットコイン開発の中心人物、マイク・ハーン氏でしたorz


    ビットコイン開発の中心人物、マイク・ハーン氏が「ビットコインは失敗作だ」
    というコメントを自らのブログに投稿し、
    次なる「実験」に取り掛かるべく、所有しているビットコインをすべて売却し、
    ビットコイン・プロジェクトから身を引く決意を明らかにした。

    Googleのシニア・ソフトウェア・エンジニアとして7年間のキャリアを積んだ後、
    2014年にビットコイン開発者に転身したハーン氏は、

    長文にわたるブログの中で「ビットコインがあくまで実験であり、
    失敗を恐れず失っても痛くない範囲で投資するように――と繰り返し主張してきた」

    という前置きとともに、
    ビットコインが非常に危険なレッドゾーンに突入したことを警告した。

    ハーン氏は失敗の主な原因として、
    ブロックチェーンの過半数を管理している中国のデータセンターや

    一部の「権力者」を保護するために、
    ブロックサイズ(キャパシティー)の引き上げに消極的なコミュニティーの姿勢を挙げている。

    ネットワークの大混雑は既に対応不可能レベル

    キャパシティー問題に関しては、ギャビン・アンドレセン氏との共同開発で、
    ブロックサイズを8メガバイトまで増やせる「 Bitcoin XT」を昨年8月に発表したにも関わらず、

    「ビットコインの美点の1つはデモクラシーの欠落だ――
    と公言するある人物によって抹殺された」詳細をブログ上で告発。

    「ビットコイン・ネットワークは未だかつてないくらいに混雑している。
    もうこれ以上は対応不可能だ」

    経過はどうであれ「失敗を恐れず」というハーン氏の開発者としての志しと、
    守備に回ったコミュニティーとの温度差が、結果的に今回の決別を招いたのだろう。

    ビットコインの終結がブロックチェーンに及ぼす影響は?

    この離脱騒動で最も気になる点はハーン氏が指摘している通り、
    「ビットコインの基盤崩壊は、
    ブロックチェーン自体の危機が待ち受けている可能性を意味する」ということだ。

    次世代分散型アプリケーション(DApps)の
    構成プラットフォーム・プロジェクト「イーサリアム」の元COOで、
    現在ブロックチェーン・アプリ開発会社、Slockに勤務する
    スティーブン・テュアル氏も、ビットコインの将来性について
    「既に時代遅れのテクノロジーだ」と冷やか。

    一方米ベンチャー・キャピタリストのフレッド・ウィルソン氏は
    「まだ失敗だと決まったわけではない」と反論。
    「危機が訪れるなら訪れるで対応するしか術はない」と
    雲行きの怪しさに好戦的な構えを見せている。

    既に一人歩きを始めている感の強いブロックチェーン・テクノロジーだが、
    ハーン氏の警告通りビットコインが終結を迎えた先に、
    その存在はあるのだろうか。



    私なんて、ビットコインの事を詳しく知ったのはつい最近だし、
    「ビットコインがあくまで実験であり、
    失敗を恐れず失っても痛くない範囲で投資するように――と繰り返し主張してきた」
    なんてことも知らなかったです。

    そして、考え方や方向性が食い違うと
    失敗に終わることもあるんだなと思いました。
    残った人が引き継いでやるっというのも、難しい事なのでしょうか。。?

    その他大勢の人が、
    権力を持った中心人物などの人達に
    振り回されるのが嫌ですねぇ。。( `へ´)ノオリャー





    posted by らら子☆ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2016年01月14日

    マルチ商法の疑いで刑事告訴された電子決算端末販売のサンク、信用不安のなか資金調達が困難となり破産

    (株)サンク
    (TDB企業コード:540297581、
    資本金9900万円、
    大阪府大阪市西区西本町1−10−10、
    代表鳴瀧順史氏、従業員58名)
    1991年(平成3年)2月に設立。

    電子決済端末の販売およびレンタルを行い、
    設置店舗より利用手数料やカード発行手数料を得て、
    2013年8月期には年売上高約17億9800万円を計上。

    決済機器端末のオーナーになれば
    設置した飲食店からのレンタル料や月々の報酬が得られると持ちかけ、
    全国の出資者から100億円前後を集金していた。

    しかし、旧幹部が多額の委託報酬金を不当に取得したことで、
    過払金として会社側から返還請求を求める事態が発生。
    加えて、新型決済端末機開発に多額の費用を投じたにもかかわらず、
    同端末が完成しなかったことや、

    国税局から立ち入り・査察により
    事業継続に必要な書類、資料の大半が押収されたことで、
    業務推進に多大な支障が発生していた。

    そうしたなか、マルチ商法の疑いがあるとして、
    詐欺罪で大阪府警に刑事告訴された
    との報道が2015年9月25日になされ、
    当社に対する信用不安が発生。
    資金調達が困難となり、今回の措置となった。

    負債は債権者約4016名に対して約111億3817万円。

    昨年10月31日に事業停止し自己破産申請の準備に入っていた(株)サンクは、
    1月14日に大阪地裁へ自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。
    かわいい参照元はこちら

    何これ!
    怖い記事だな〜と思いましたよ!Σ(゚Д゚)


    「マルチ商法の疑いがあると
    詐欺罪で刑事告訴されたとの報道のせいで
    信用を失い資金調達ができなくなり破産」したって、

    ほんで、本当に詐欺だったの??
    違ってたらえらい迷惑だし、

    「事業継続に必要な書類、資料の大半が押収されたことで、
    業務推進に多大な支障が発生」って、
    事業継続させないためか??なんて思ってしまうし。。

    1991年から2014年までの23年も経営して
    2013年には年売上高約17億9800万円を計上してても、

    幹部の不祥事があったり、
    新型機開発に多額の費用を
    投じたにもかかわらず完成しなかったりと、

    マイナスな事柄が重なると、
    どんな風に転ぶかわからないんだ!!!

    と、事業に関して知識の薄い私には、
    勉強にもなりますが。。

    従業員は給料が貰えない上に、
    債権者は、今迄のお金が全部無駄の上返ってこない!!!

    マルチは破産申請が通らないって聞いたけど、
    「大阪地裁へ自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。」
    となっているから、マルチじゃなかったって事でしょうか?

    マスコミにも国税庁にも疑問を感じます。

    信用が一番大事ですよね☆




    最後まで読んで下さり有難うございます☆
    posted by らら子☆ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年12月28日

    下流老人、格差社会。。




    【年利10%実現のために】
    ●金権貯蓄で投資に回す
    ●不景気→積極果敢、好景気→消極的に (けして逆ではない)
    ●新聞やマネー雑誌に翻弄されない
    ●市場関係者のいうことに翻弄されない
    ●短期売買はやめる
    ●世界恐慌後の安値からNYダウの成長率は年利7.6%
    ●バフェット流を学ぶ

    【年利10%実現のためにA】
    ●できない理由よりできる方法を探す
    ●インデックス投資では10%は難しい
    ●個別の「割安」×「成長」企業に投資
    ●割高な企業には投資しない
    ●ブームやテーマに乗らない
    ●大衆の逆を行く
    ●時価総額の低い企業を探す
    ●PER100倍超えなど絶対ご法度

    【年利10%実現のためにB】
    ●時価総額が小さく、売上、1株利益  共に年10%越え成長企業を狙う
    ●社長がおかしい企業には投資しない
    ●極端な分散投資はしない
    ●集中投資くらいがいい(3〜10社以下)
    ●有利子負債が多すぎる企業には注意する
    ●流動資産と流動負債に注意する

    【年利10%実現のためにC】
    ●トレーダーに人気の銘柄は避ける (乱高下しすぎるから)
    ●経営者が信頼できる誠実な人か
    (ビックマウス系、ブラック企業系、チャラチャラ系、ロック系は危ない)
    ●新着ニュースに飛びつかない
    (すでに大口が仕込んだ後の情報であることが多い)

    【年利10%実現のためにD】
    ●純粋に内需系企業は長期的には難しい
    (日本は人口減少、少子高齢化が進んでるので)
    ●内需系でも人口減少、少子高齢化に対応した企業は可能性はある
    (少子高齢化に対応したビジネス等)
    ●海外展開へも積極的な企業が良い
    ●コスト削減に余念のない企業が良い

    【年利10%実現のためにE】
    ●「できない理由」や「そんなの無理」と言ってくる人
    (足引っ張られるだけ)とは縁を切る(笑
    ●ウォーレン・バフェット/ベンジャミン・グレアム/フィル・フィッシャー/ピーター・リンチ/ウイリアム・オニール/ジム・ロジャーズあたりから積極的に方法論を学ぶ

    【年利10%実現のためにF】
    ●成功する人は「できる方法論」を考える
    ●できない人は「できない理由」「やらない理由」をあれこれと考える
    ●投資は実践である ●年利10%は毎年必ず出す必要はなく、
    平均で出せれば良い(バフェットでさえ毎年必ずパフォーマンス出してるわけではない)

    【年利10%実現のためにG】
    ●好景気には金権貯蓄を、不景気時代には思い切った投資を、
    時期を逸せず巧みに繰り返す(by 本多静六)
    ●「投機」ではなく「投資」を
    ●チャートの読み方などはガン無視せよ
    (占星術と同じでほとんど無意味です)
    ●買った銘柄など3ヶ月に1回見ればよろし

    参考になることを
    お話ししていらっしゃると思い、
    保存させて頂きたく、お持ちしました☆<(_ _)>


    「どんなに儲けた人がいても
    同じく損をした人もいるのだから
    市場全体は平均的に動く」


    という言葉もあるので、難しいとは思いますが、
    色んな事や情報には、眼や耳を向けたいと思っています(*'▽')






    posted by らら子☆ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年12月27日

    2015/9/28厚生労働省発表☆年金の世代間格差はこんなに



    かわいい厚生労働省 平成26年財政検証結果レポート

    レポートを元に、わかりやすく図にして下さっています^^
    年金も、これから先の状況によって変化していくと思いますが
    今現在の状況ですね。
    参考に保存させて頂きました☆<(_ _)>



    posted by らら子☆ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年12月25日

    12/4午前に閣議決定した2016年度予算案☆




    メモされている方がいらっしゃったので
    私もメモ代わりに保存させてください☆<(_ _)>



    posted by らら子☆ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年12月22日

    仮想通貨業者を登録制に 金融庁審議会☆



    金融庁の審議会は「ビットコイン」など
    インターネット上の仮想通貨の利用者を保護するため、
    仮想通貨を実際の通貨と交換する業者を金融庁に登録させて規制する
    などとした報告を正式にまとめ、これを受けて金融庁は
    来年の通常国会に関連する法律の改正案を提出することにしています。

    金融庁の審議会は22日、2つの部会がそれぞれ、報告をまとめました。
    それによりますと「ビットコイン」などの仮想通貨を
    実際の通貨と交換する業者は金融庁に登録することとし、
    こうした業者には、自社の資産と顧客の資産とを分けて管理する区分管理や、
    外部監査を義務づけるべきなどとしています。

    また別の報告では、金融と最新のIT技術を融合した
    「フィンテック」と呼ばれる新しい金融サービスが世界的に広がりをみせるなか、
    日本でも戦略的な対応が必要だとしています。

    具体的には、これまで銀行に認められていなかった
    金融に関係のないIT企業などの買収についても、
    銀行のサービス向上につながる可能性があれば
    一定の条件のもとで認めるなど規制の緩和を提案しています。

    金融庁の審議会がこうした報告をまとめたのは、
    銀行がIT技術を使った新しい金融ビジネスに参入できるようにする環境の整備や、
    仮想通貨の利用者の保護を図るためです。

    今回の報告を受けて金融庁は
    関連する法律の改正案をまとめ来年の通常国会に提出することにしています。
    NHKより

    かわいい暗号通貨とは…☆(^^ゞ

    国も向き合い始めましたね^^
    真っ当に取り組んでくれる人もいれば
    詐欺的に取り組む人もいると思うから
    利用者の保護を図ることは大切な事だと思います^^
    だけど、銀行が新しい金融ビジネスに
    参入しようとしているのは、何か気に要らないですが…笑




    posted by らら子☆ at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年12月05日

    10〜20年後☆就業者の49%「将来、機械や人工知能で代替可能」

    代替可能性が高い職業100
    代替可能性が低い職業100
    上記に載っていますよ。


    10年から20年後には、今、日本で働いている人の49%の職業が
    機械や人工知能によって代替することが可能だとする分析を
    民間の調査研究機関がまとめていました。
    技術の進歩によって近い将来なくなる仕事があるのか、
    関心を集めそうです。


    この分析は、野村総合研究所が
    イギリスのオックスフォード大学の研究者と共同で行ったもので、
    601種類の職業について、技術の進歩によって将来、
    機械や人工知能が代替できる確率を計算しました。

    職業ごとに必要な知識や技能を数値化したデータを基にコンピューターで分析した結果、
    10年から20年後には235種類の職業が代替できる確率が高いと分析されました。

    具体的には、スーパーの店員や一般事務員、タクシー運転手、
    ホテル客室係、警備員などとなっていて、これらの仕事をしている人は
    合わせておよそ2500万人に上り、今、日本で働いている人の49%に当たります。

    一方、医師や教師、美容師、それに観光バスガイドなど、
    人とのコミュニケーションが重要な仕事や、
    映画監督、音楽家など創造性が特に必要とされる仕事は、
    機械が代わって行うのは難しいと分析されています。

    この分析では社会情勢の変化などは考慮されていませんが、
    技術が進歩し機械の導入が進むことで、
    近い将来なくなる仕事があるのか、関心を集めそうです。

    野村総合研究所の寺田知太上級研究員は
    「今後、労働人口が減っていくなか、人手不足をテクノロジーで
    解決する可能性を示したもので、議論のきっかけにしてほしい。
    将来は、機械に多くの仕事を任せる一方、
    人は創造性やコミュニケーションが
    より求められる仕事を担うようになるのではないか」と話しています。

    消えた職業 生まれた職業

    これまでも、社会の変化や技術の進歩によって、
    さまざまな職業が生まれては消えてきました。

    かつて日本の経済を支えた炭鉱労働者。
    昭和15年には14万人を超える人が働いていましたが、
    エネルギーの主流が石油に代わり、
    平成14年、北海道釧路市にあった国内最後の炭鉱が閉山し、
    歴史に幕を下ろしました。

    かつて働く女性の花形職業と言われたタイピストも、
    最近聞かれなくなった仕事の1つです。
    昭和40年代には速記者を含めて9万人近くが働いていましたが、
    多くの職場でパソコンなどが使われ始め、タイプライターが姿を消すと、
    タイピストという仕事もなくなりました。

    電話の普及に伴って必要とされた「電話交換手」。
    かつては手動で電話をつながなければ通話ができませんでした。
    昭和40年には16万人以上がいましたが、
    自動交換機が出来たことで、次第に減っていきました。

    一方、新しい仕事も出てきています。

    国勢調査によりますと、平成22年までの5年間で
    農業従事者が53万人以上減った一方、
    医療・福祉施設の介護職員やソフトウェア開発の技術者は
    いずれも20万人以上増加しました。

    さらに、就業者が342万人に上る「分類ができない職業」の中には、
    これまでにない新しい仕事も数多く含まれています。

    こうした数字からは、多くの人々が社会の変化に合わせて
    新しい仕事に移っていることがうかがえます。

    レジは自動化進む

    スーパーなどのレジは、すでに機械による自動化が進んでいます。
    東京の大手レジメーカーでは、従業員がレジを打つ必要がない
    「セルフレジ」の販売がここ数年大きく伸びています。

    今の主力商品は、客が商品をレジにかざしてバーコードを読み取らせるもので、
    電子マネーでお金の精算もできるため、これまでのレジに比べて
    平均で1.5倍の早さで会計を済ますことができるということです。
    コンビニや外国人観光客の多い百貨店などからも
    問い合わせが相次いでいるということです。

    この会社、日本NCRの吉次功夫シニアコンサルタントは
    「最近は人手不足の影響もあって、需要が伸びている。
    人材確保の観点からも、将来はセルフレジが主流になるのではないか」と話していました。

    製造業 「人間型ロボット」が活躍

    製造業の現場では、人間並みの作業ができるロボットが活躍しています。
    埼玉県にある釣り銭用機械などの工場では、
    ヒューマノイドと呼ばれる最新鋭の人間型のロボットが19体導入されています。
    頭と胴体、腕があり、「フランちゃん」「ユーロくん」などと名前もついています。
    顔の目に当たる部分には高性能のカメラがあり、
    作業台の位置や部品のある場所を確認し、
    みずからの判断で工場内を動き回って作業します。

    これまでは人間でないと難しいとされていた、
    ゴムなど柔らかいものをつかむこともでき、
    薄いシールを剥がすといった作業も楽々とこなしていました。
    このロボット、1体でおよそ740万円しますが、導入後、
    人間の従業員は別の作業をできるようになり、生産性が上がったということで、
    この工場では今後も積極的に導入していくことにしています。

    グローリー埼玉工場の辻利文工場長は
    「ロボットの導入で生産性も上がり、コストの削減もできたが、
    一方で、生産ラインの改善提案などクリエイティブな仕事は人間にしかできないので、
    人間の仕事がなくなるわけではない」と話していました。

    銀行の窓口も人工知能に?

    銀行の窓口業務も、将来、機械が行うことができる
    可能性が高いとされた仕事の1つです。

    福島県の地方銀行、東邦銀行のホームページには、
    人工知能の行員が遺産相続の手続きについて相談を受けるサービスがあります。
    東日本大震災や原発事故のため県外に避難した客が、
    わざわざ銀行の窓口に来なくても利用できるよう、去年、導入しました。
    東邦未来さんという行員に「相続の手続きについて教えてください」などと話しかける
    会話をするように答えを返してくれます。

    相談者の意図をくみ取って答えを出すほか、
    「趣味は何ですか」といった個人的な質問にも答えるなど、
    人間味のあるやり取りができ、多い月には2000件程度の利用があるということです。

    専門家「労働者 変化の認識が重要」

    労働政策研究・研修機構の松本真作特任研究員は
    「海外では機械化によって失業者も出ているが、
    日本の企業ではすぐに人を解雇したりせず、
    少しずつほかの仕事に移ってもらったり、
    新しい技術に慣れてもらったりするよう努めてきた」と話し、
    「今後なくなる仕事が出てきたとしても、日本の場合は
    比較的ゆっくり進むだろう」と指摘します。

    一方で、「人工知能やITの導入で、パターン化された仕事や
    体を使う仕事はどんどん機械化され、頭を使う部分しか
    間には残らないと言われている。

    仕事の内容が高度化して、コミュニケーションの必要性が高まっている」と述べ、
    「労働者は常に変化を認識することが重要で、機械化の波が来たときに
    波に乗るよう対処することが求められる」と話しています。

    これは…
    教育の仕方も考えたいですよね。
    学校や社会だけではなく、
    家庭でも教育の事は考えてほしいですよね。
    誰もが困らないように。。☆



    posted by らら子☆ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    10〜20年後☆就業者の49%「将来、機械や人工知能で代替可能」

    代替可能性が高い職業100
    代替可能性が低い職業100
    上記に載っていますよ。


    10年から20年後には、今、日本で働いている人の49%の職業が
    機械や人工知能によって代替することが可能だとする分析を
    民間の調査研究機関がまとめていました。
    技術の進歩によって近い将来なくなる仕事があるのか、
    関心を集めそうです。


    この分析は、野村総合研究所が
    イギリスのオックスフォード大学の研究者と共同で行ったもので、
    601種類の職業について、技術の進歩によって将来、
    機械や人工知能が代替できる確率を計算しました。

    職業ごとに必要な知識や技能を数値化したデータを基にコンピューターで分析した結果、
    10年から20年後には235種類の職業が代替できる確率が高いと分析されました。

    具体的には、スーパーの店員や一般事務員、タクシー運転手、
    ホテル客室係、警備員などとなっていて、これらの仕事をしている人は
    合わせておよそ2500万人に上り、今、日本で働いている人の49%に当たります。

    一方、医師や教師、美容師、それに観光バスガイドなど、
    人とのコミュニケーションが重要な仕事や、
    映画監督、音楽家など創造性が特に必要とされる仕事は、
    機械が代わって行うのは難しいと分析されています。

    この分析では社会情勢の変化などは考慮されていませんが、
    技術が進歩し機械の導入が進むことで、
    近い将来なくなる仕事があるのか、関心を集めそうです。

    野村総合研究所の寺田知太上級研究員は
    「今後、労働人口が減っていくなか、人手不足をテクノロジーで
    解決する可能性を示したもので、議論のきっかけにしてほしい。
    将来は、機械に多くの仕事を任せる一方、
    人は創造性やコミュニケーションが
    より求められる仕事を担うようになるのではないか」と話しています。

    消えた職業 生まれた職業

    これまでも、社会の変化や技術の進歩によって、
    さまざまな職業が生まれては消えてきました。

    かつて日本の経済を支えた炭鉱労働者。
    昭和15年には14万人を超える人が働いていましたが、
    エネルギーの主流が石油に代わり、
    平成14年、北海道釧路市にあった国内最後の炭鉱が閉山し、
    歴史に幕を下ろしました。

    かつて働く女性の花形職業と言われたタイピストも、
    最近聞かれなくなった仕事の1つです。
    昭和40年代には速記者を含めて9万人近くが働いていましたが、
    多くの職場でパソコンなどが使われ始め、タイプライターが姿を消すと、
    タイピストという仕事もなくなりました。

    電話の普及に伴って必要とされた「電話交換手」。
    かつては手動で電話をつながなければ通話ができませんでした。
    昭和40年には16万人以上がいましたが、
    自動交換機が出来たことで、次第に減っていきました。

    一方、新しい仕事も出てきています。

    国勢調査によりますと、平成22年までの5年間で
    農業従事者が53万人以上減った一方、
    医療・福祉施設の介護職員やソフトウェア開発の技術者は
    いずれも20万人以上増加しました。

    さらに、就業者が342万人に上る「分類ができない職業」の中には、
    これまでにない新しい仕事も数多く含まれています。

    こうした数字からは、多くの人々が社会の変化に合わせて
    新しい仕事に移っていることがうかがえます。

    レジは自動化進む

    スーパーなどのレジは、すでに機械による自動化が進んでいます。
    東京の大手レジメーカーでは、従業員がレジを打つ必要がない
    「セルフレジ」の販売がここ数年大きく伸びています。

    今の主力商品は、客が商品をレジにかざしてバーコードを読み取らせるもので、
    電子マネーでお金の精算もできるため、これまでのレジに比べて
    平均で1.5倍の早さで会計を済ますことができるということです。
    コンビニや外国人観光客の多い百貨店などからも
    問い合わせが相次いでいるということです。

    この会社、日本NCRの吉次功夫シニアコンサルタントは
    「最近は人手不足の影響もあって、需要が伸びている。
    人材確保の観点からも、将来はセルフレジが主流になるのではないか」と話していました。

    製造業 「人間型ロボット」が活躍

    製造業の現場では、人間並みの作業ができるロボットが活躍しています。
    埼玉県にある釣り銭用機械などの工場では、
    ヒューマノイドと呼ばれる最新鋭の人間型のロボットが19体導入されています。
    頭と胴体、腕があり、「フランちゃん」「ユーロくん」などと名前もついています。
    顔の目に当たる部分には高性能のカメラがあり、
    作業台の位置や部品のある場所を確認し、
    みずからの判断で工場内を動き回って作業します。

    これまでは人間でないと難しいとされていた、
    ゴムなど柔らかいものをつかむこともでき、
    薄いシールを剥がすといった作業も楽々とこなしていました。
    このロボット、1体でおよそ740万円しますが、導入後、
    人間の従業員は別の作業をできるようになり、生産性が上がったということで、
    この工場では今後も積極的に導入していくことにしています。

    グローリー埼玉工場の辻利文工場長は
    「ロボットの導入で生産性も上がり、コストの削減もできたが、
    一方で、生産ラインの改善提案などクリエイティブな仕事は人間にしかできないので、
    人間の仕事がなくなるわけではない」と話していました。

    銀行の窓口も人工知能に?

    銀行の窓口業務も、将来、機械が行うことができる
    可能性が高いとされた仕事の1つです。

    福島県の地方銀行、東邦銀行のホームページには、
    人工知能の行員が遺産相続の手続きについて相談を受けるサービスがあります。
    東日本大震災や原発事故のため県外に避難した客が、
    わざわざ銀行の窓口に来なくても利用できるよう、去年、導入しました。
    東邦未来さんという行員に「相続の手続きについて教えてください」などと話しかける
    会話をするように答えを返してくれます。

    相談者の意図をくみ取って答えを出すほか、
    「趣味は何ですか」といった個人的な質問にも答えるなど、
    人間味のあるやり取りができ、多い月には2000件程度の利用があるということです。

    専門家「労働者 変化の認識が重要」

    労働政策研究・研修機構の松本真作特任研究員は
    「海外では機械化によって失業者も出ているが、
    日本の企業ではすぐに人を解雇したりせず、
    少しずつほかの仕事に移ってもらったり、
    新しい技術に慣れてもらったりするよう努めてきた」と話し、
    「今後なくなる仕事が出てきたとしても、日本の場合は
    比較的ゆっくり進むだろう」と指摘します。

    一方で、「人工知能やITの導入で、パターン化された仕事や
    体を使う仕事はどんどん機械化され、頭を使う部分しか
    間には残らないと言われている。

    仕事の内容が高度化して、コミュニケーションの必要性が高まっている」と述べ、
    「労働者は常に変化を認識することが重要で、機械化の波が来たときに
    波に乗るよう対処することが求められる」と話しています。

    これは…
    教育の仕方も考えたいですよね。
    学校や社会だけではなく、
    家庭でも教育の事は考えてほしいですよね。
    誰もが困らないように。。☆



    posted by らら子☆ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年12月04日

    一流の経営者は、根っからのゲーマーが多い?


    「ゲームは今大きく変わっている」
    幸せな未来は「ゲーム」が創る?
    ゲームには大きな可能性がある??

    日本人の仕事に対するエンゲージメント(愛着)についての調査結果を見ると
    91%の人が今の仕事に愛着を持っていないという調査結果。
    自分の仕事に対して前向きな気持ちになれていないとか、
    自分の仕事に意味が見いだせない、
    目的が感じられないという人たちが91%もいるというのは、多すぎるように思います。
    また、84%の人がうつ状態や不安によって仕事のパフォーマンスが落ちているのだそうです。

    そして、
    日本では、3分の1の人が年間350時間以上をゲームに費やしている、という調査結果があります。
    それを換算すると、2カ月間フルタイムの仕事をしているのと同じです。
    それだけの熱意をゲームに注いでいて、
    まるで仕事をしているかのようにゲームをしているという現状があります。
    実は、ゲームを現実逃避のために使っているという人たちは、
    いちばんゲームからメリットを得られない人たちです。

    そのゲームが自分にとって役立つか、ためになるかどうかを左右しているのは、
    本人がゲームを現実回避のために使っているか、
    もしくは現実に生かせるものだと思っているかなのです。
    そこがいちばん大きな違いです。

    日本のモバイルゲーム市場は世界最大の規模です。
    モバイルゲームというのは誰でも簡単にできるもの。
    ということは、ゲームの効能、メリットを簡単に人に届けることができるわけです。
    だから、本当に社会を変えられると思います。
    ゲーム産業にとって新しいチャレンジであり、新しいチャンスです。


    リアルライフは「壊れている」いわば無理ゲー(ゲームバランスが悪く楽しめない状況)、
    「本当の人生」を楽しんでください、というキャッチコピーだったんですね。あと、『ラグナロクオンライン』というゲームの場合、「会社では使えないOLである私も、ゲームの中ではみんなに頼られている。この姿を部長にも見てほしい」といった内容の交通広告があったんです。

    真面目に社会運動をやっている人は、なにもかも大きく変えようとするので、
    結局誰も変えられず、何も変えられないわけです。
    しかし、個人が手元で遊ぶゲームを通じたアプローチによって、
    個人を変えるというのは非常にいいですね。
    私が投資した会社もゲームの考え方を教育に応用して、
    フィリピンやメキシコでも成功しています。

    なぜゲームを社会のために使おうと思ったのか

    開発したゲームがたくさんの賞を受賞しました。
    受賞者の中に、アフリカの貧困問題を解決していたりとか、
    がんの問題に取り組んだりとか、そういった人たちを見て、
    スキルを世界のために役立てたいというふうに思ったのです。

    ゲームとか神話でもよくあるんですけど、主人公は最初小さな成功をする。
    でも、それは実は本当の成功じゃないことに気づいて、次のミッションを見つける。
    これは典型的な物語なわけですよね。
    倒した敵が実は本当の敵ではなく、もっと本当の敵は別のところにいるんだ、
    と気づくというのも典型的な物語です。

    これはゲームを現実に生かすことができるんだ、という証拠だと思います。
    ゲーム思考というものを持っていたおかげで、新しいチャンスが見えたわけです。
    ヒーローというのは何か大きいことをしたいものです。
    ゲームによって、その思いの種を撒くことができます。
    ですから、ゲームをやる若い世代を励ますことが必要だと思います。
    リアルライフでもヒーローになるチャンスを
    見つけられるように励ましていくことが大切だと思います。

    ゲーム思考を持つとよい効果もあるし、あまりよくない効果もある。
    ゲーム思考によって、世界を変えられるという
    エンパワーメントされた気持ちになるのはいいとして、
    それは必ずしもよい方向で世界を変えるのではないかもしれない。
    所属意識を持ちたいという若者たちが、危険なものとか、
    邪悪なものに所属意識を 持ちたいというふうに思ってしまうかもしれない。
    だから、若者の気持ちを悪いものではなくて、
    ポジティブなものにつなげていくことが大切なのではないかと 思います。


    優秀なゲーマーは企業経営でも成功する

    実はゲーマーがよいストラジストになっている、
    ゲーマーが企業経営で活躍しているという事例は本当にたくさんあります。

    私は、そうした成功した人たちがゲームで得られたことを
    どう現実社会の中で使っているか、
    もっとオープンに語られるようになるといいと思います。

    すでにスポーツについては、それは起きています。
    アスリートの思考を普通の人が参考にしたりとか、ロールモデルにしている。
    ゲームのほうがもっと戦略的な思考が必要だし、
    もっと人生のメタファーとして活用できるんじゃないかと思います。

    ボードゲームというのが近年では、協力するという部分が非常に強調されてきて、
    たとえば『パンデミック』というボードゲームはとても人気で、
    みんなで一つの目標を共有して、みんなで勝つか、みんなで負けるか、
    そういったゲームのほうが、
    職場でのゲーム思考ということに活用するには有効なのではないかと思います。

    ほかの会社とは競い合うかもしれないけれども、
    社内では協力関係というのが必要なので。
    ボードゲームがそのような形で進化しているというのは、
    本当にすばらしいことだと思っています。

    研究をもっと進めて、
    ゲームをさまざまないいことに使えるようにできればいいと思う。

    ※文章は抜粋したものです。

    私は、あまりゲームはしないんですけど、
    子供の頃とか、若い頃は、よく漫画の本を読んでいました(^^ゞ
    主に少女漫画本が多かったですけど、
    でも、漫画の本を読みながら私もこんな主人公になりたい!とか
    憧れとか、カッコイーとか思いやりとか優しさとか素敵とか強さとか、
    何かしら自分への影響はあったと思います。

    それが今はゲームなのかな〜?なんて思いました^^
    どうせやるなら、何かしら自分へのプラスになる事が良いなって思いますね^^
    是非そんなゲームを作ってください☆

    単純なゲームも好きですけどね(^^ゞ笑





    posted by らら子☆ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    一流の経営者は、根っからのゲーマーが多い?


    「ゲームは今大きく変わっている」
    幸せな未来は「ゲーム」が創る?
    ゲームには大きな可能性がある??

    日本人の仕事に対するエンゲージメント(愛着)についての調査結果を見ると
    91%の人が今の仕事に愛着を持っていないという調査結果。
    自分の仕事に対して前向きな気持ちになれていないとか、
    自分の仕事に意味が見いだせない、
    目的が感じられないという人たちが91%もいるというのは、多すぎるように思います。
    また、84%の人がうつ状態や不安によって仕事のパフォーマンスが落ちているのだそうです。

    そして、
    日本では、3分の1の人が年間350時間以上をゲームに費やしている、という調査結果があります。
    それを換算すると、2カ月間フルタイムの仕事をしているのと同じです。
    それだけの熱意をゲームに注いでいて、
    まるで仕事をしているかのようにゲームをしているという現状があります。
    実は、ゲームを現実逃避のために使っているという人たちは、
    いちばんゲームからメリットを得られない人たちです。

    そのゲームが自分にとって役立つか、ためになるかどうかを左右しているのは、
    本人がゲームを現実回避のために使っているか、
    もしくは現実に生かせるものだと思っているかなのです。
    そこがいちばん大きな違いです。

    日本のモバイルゲーム市場は世界最大の規模です。
    モバイルゲームというのは誰でも簡単にできるもの。
    ということは、ゲームの効能、メリットを簡単に人に届けることができるわけです。
    だから、本当に社会を変えられると思います。
    ゲーム産業にとって新しいチャレンジであり、新しいチャンスです。


    リアルライフは「壊れている」いわば無理ゲー(ゲームバランスが悪く楽しめない状況)、
    「本当の人生」を楽しんでください、というキャッチコピーだったんですね。あと、『ラグナロクオンライン』というゲームの場合、「会社では使えないOLである私も、ゲームの中ではみんなに頼られている。この姿を部長にも見てほしい」といった内容の交通広告があったんです。

    真面目に社会運動をやっている人は、なにもかも大きく変えようとするので、
    結局誰も変えられず、何も変えられないわけです。
    しかし、個人が手元で遊ぶゲームを通じたアプローチによって、
    個人を変えるというのは非常にいいですね。
    私が投資した会社もゲームの考え方を教育に応用して、
    フィリピンやメキシコでも成功しています。

    なぜゲームを社会のために使おうと思ったのか

    開発したゲームがたくさんの賞を受賞しました。
    受賞者の中に、アフリカの貧困問題を解決していたりとか、
    がんの問題に取り組んだりとか、そういった人たちを見て、
    スキルを世界のために役立てたいというふうに思ったのです。

    ゲームとか神話でもよくあるんですけど、主人公は最初小さな成功をする。
    でも、それは実は本当の成功じゃないことに気づいて、次のミッションを見つける。
    これは典型的な物語なわけですよね。
    倒した敵が実は本当の敵ではなく、もっと本当の敵は別のところにいるんだ、
    と気づくというのも典型的な物語です。

    これはゲームを現実に生かすことができるんだ、という証拠だと思います。
    ゲーム思考というものを持っていたおかげで、新しいチャンスが見えたわけです。
    ヒーローというのは何か大きいことをしたいものです。
    ゲームによって、その思いの種を撒くことができます。
    ですから、ゲームをやる若い世代を励ますことが必要だと思います。
    リアルライフでもヒーローになるチャンスを
    見つけられるように励ましていくことが大切だと思います。

    ゲーム思考を持つとよい効果もあるし、あまりよくない効果もある。
    ゲーム思考によって、世界を変えられるという
    エンパワーメントされた気持ちになるのはいいとして、
    それは必ずしもよい方向で世界を変えるのではないかもしれない。
    所属意識を持ちたいという若者たちが、危険なものとか、
    邪悪なものに所属意識を 持ちたいというふうに思ってしまうかもしれない。
    だから、若者の気持ちを悪いものではなくて、
    ポジティブなものにつなげていくことが大切なのではないかと 思います。


    優秀なゲーマーは企業経営でも成功する

    実はゲーマーがよいストラジストになっている、
    ゲーマーが企業経営で活躍しているという事例は本当にたくさんあります。

    私は、そうした成功した人たちがゲームで得られたことを
    どう現実社会の中で使っているか、
    もっとオープンに語られるようになるといいと思います。

    すでにスポーツについては、それは起きています。
    アスリートの思考を普通の人が参考にしたりとか、ロールモデルにしている。
    ゲームのほうがもっと戦略的な思考が必要だし、
    もっと人生のメタファーとして活用できるんじゃないかと思います。

    ボードゲームというのが近年では、協力するという部分が非常に強調されてきて、
    たとえば『パンデミック』というボードゲームはとても人気で、
    みんなで一つの目標を共有して、みんなで勝つか、みんなで負けるか、
    そういったゲームのほうが、
    職場でのゲーム思考ということに活用するには有効なのではないかと思います。

    ほかの会社とは競い合うかもしれないけれども、
    社内では協力関係というのが必要なので。
    ボードゲームがそのような形で進化しているというのは、
    本当にすばらしいことだと思っています。

    研究をもっと進めて、
    ゲームをさまざまないいことに使えるようにできればいいと思う。

    ※文章は抜粋したものです。

    私は、あまりゲームはしないんですけど、
    子供の頃とか、若い頃は、よく漫画の本を読んでいました(^^ゞ
    主に少女漫画本が多かったですけど、
    でも、漫画の本を読みながら私もこんな主人公になりたい!とか
    憧れとか、カッコイーとか思いやりとか優しさとか素敵とか強さとか、
    何かしら自分への影響はあったと思います。

    それが今はゲームなのかな〜?なんて思いました^^
    どうせやるなら、何かしら自分へのプラスになる事が良いなって思いますね^^
    是非そんなゲームを作ってください☆

    単純なゲームも好きですけどね(^^ゞ笑





    posted by らら子☆ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年12月01日

    暗号通貨とは…☆(^^ゞ

    ゲームはそんなにやらないし、
    暗号通貨って何…?
    と思った私は、色々検索していたら
    デジタル通貨に関して詳しく書いていらっしゃるブログをみつけたので
    ご紹介します☆((*∂∀6))ノシ



    新しいデジタル暗号通貨ADAとは
    世界で10本の指に入ると言われる天才数学者
    チャールズ・ホスキンソン氏によって開発されたデジタル暗号通貨。

    彼は、イーサリアムの元CEOで
    ハーバード大学やスタンフォード大学などでも講師をしているそうですよ^^



    オンラインゲームプラットフォームで
    デジタル暗号通貨での決済を統合するようです。

    なぜ今その仕組み(基盤)が必要なのでしょうか。
    それは、今のオンラインゲーム業界には改善すべき問題点があるからです。

    今私たちが楽しむことのできるゲームは、
    大半が大手ゲームメーカーから提供されているものを
    ダウンロードしているのではないでしょうか。

    個人的にゲームを開発している人がいるとしても、
    その人が直接プレイヤーに販売し、オンライン上で決済をすることはできません。

    ゲームを決済してダウンロードするためには、
    必ず中心的な配信元にアクセスし決済する必要があります。
    開発者(ゲームオーナー)とゲームプレーヤーが直接マッチングすることはできません。

    これをゲーム以外の、日用品の買い物に例えてみましょう。

    インターネットが世の中に普及し始める90年代までは、
    日用品を購入するためには地元のスーパーや
    ショッピングモールに行って買い物するのが常識でした。

    ところがインターネットが普及することによって
    個人間の売買が拡大していくことになりました。
    ネットオークションで必要なものを購入されたことはないでしょうか。

    日用品のみならず、自動車ですらネットオークションで購入ができます。
    中古車屋さんで買うよりもはるかに程度が良くて安く購入できるからです。

    このように、日用品の売買取引に目を向けた場合、
    ネット上にはすでに、個人間で直接値段を決めて売買できる仕組みが存在しています。

    最大のポイントは、個人間でつながることが
    売り手にも買手にもメリットが大きいということです。

    現在は、大手メーカーから配信される広告によって提供されたものを買う時代ではなく、
    自分に必要なものを、自ら情報を探しに行って
    売り手から安く購入できる時代なのです。

    オンラインゲームプラットフォームであるカルダノは、
    まさに、ゲームオーナーとプレイヤーを直接結びつけ
    安全に決済できる仕組み(基盤)を作ったのです。

    このプラットフォーム上で決済の手段(基軸通貨)として使用されるのが、
    デジタル暗号通貨ADAコインです。

    https://youtu.be/SfNa0IEvQtA



    カルダノプラットフォーム上で基軸通貨となるADA(エイダ)コインが
    なぜ今後生き残っていくデジタル通貨と言えるのでしょうか?


    @目的と設計がはっきりしている

    ほとんどのデジタル通貨はオープンソースコード
    (公開されたコード)によってプログラミングされます。
    そのため、明確な目的がないコピー的な通貨が数多く存在します。
    そのようなコピーされただけの通貨は淘汰され消滅されると言われています。

    しかし、ADAコインは明確な目的と設計がはっきりしている通貨です。
    現在のオンラインゲームの抱える問題をカルダノプラットフォームが解決し、
    そのカルダノプラットフォーム上で、オンラインゲームの決済手段として
    用いられる基軸通貨として開発されました。

    カルダノプラットフォームで使用できるデジタル暗号通貨はADAコインだけです。
    つまり、開発したゲームをこのプラットフォームで世に出したい開発者とユーザーが
    マッチングする際に、その決済手段としてADAコインだけを使用することができます。

    カルダノを必要とするゲーム開発者とユーザーが増えることによって
    ADAコインは世の中で広く必要とされる通貨へと発展していきます。

    Aコミュニケーション

    そのデジタル通貨が信用できるかどうかの指標の一つに
    開発者の顔が見えるかどうかが大きなポイントとなります。
    そのデジタル通貨に価値があるかどうかを判断するとき、
    その開発者がどんな価値のある人材なのかを見定めることは非常に重要です。

    開発者が情報発信しているか、コミニティがあるか、
    作品を作ったとしても、展示しなければ誰にも知られることはありません。

    絵画の世界に例えるならば、ゴッホとピカソです。
    どちらも天才画家として有名で、今ではどちらの絵も高級な値が付きます。
    しかし、ゴッホは生前貧乏で、ピカソはお金持ちでした。
    この二人にいったいどのような違いがあったのでしょうか。

    簡単に言うと、ゴッホは営業活動が上手でなかったために
    描いた絵をすぐに売ることができませんでした。
    もちろん、ゴッホの絵は晩年に大変高額な値が付きました。
    でも、生前は貧乏な生活を送っていたのです。

    対するピカソは、絵を書いたらその場ですぐに売って収益を得ていたため、
    生前からお金持ちでした。
    ピカソは上手に他者の理解が得られるコミュニケーションを取っていたわけです。

    そうです。その違いが大きかったようです。
    同じように、どんなに素晴らしいデジタル通貨を開発し存在させたとしても、
    誰にも伝えず、コミュニケーションを取らなければ普及させていくことも
    世の中で価値のある存在になることもできません。

    よって、素晴らしい開発技術と他者との円滑なコミュニケーション力の
    両方が必要になるわけです。

    ADAの開発者、チャールズ・ホスキンソン氏は
    世界で10本の指に入るほどの天才数学者です。

    彼が開発に携わっている通貨、イーサリアムとビットシェアーズは
    いずれも時価総額ランキングで10位以内に入るデジタル通貨です。

    彼は世の中で必然的に必要とされる通貨の開発に携わっています。
    そしてそれをどのように普及させていけばいいのかについても
    しっかりとした戦略のもとで資金調達をしています。

    もちろん、そのような他者からの理解が得られるのも、
    彼自身の持っている人間性の部分での魅力が大きいからというのは言うまでもありません。

    このように、目的と設計がはっきりしていて、
    世の中で広く理解され普及し、現実的な価値のある通貨に発展することが
    今後生き残っていくデジタル通貨になるには非常に重要なポイントと言えるでしょう。

    coi.png

    ↑こんなチラシも見つけましたよ( *´艸`)
    頑張っていらっしゃいますね^^



    このデジタル通貨、
    ビットコインという通貨が爆発的に世界中で
    認知されるようになり、注目が集まりました。
    日本では、2014年2月にマウントゴックスの経営破綻で有名になりました。
    ビットコインというデジタル通貨自体が存在しなくなったかのように
    勘違いされていた方も多かったのです。

    あの事件はマウントゴックスという一つの取引所が無くなっただけであって
    全世界では問題なくビットコインは存在し続けていました。

    決してビットコインそのもののセキュリティが脆弱だったわけではなく、
    それを管理している一つの取引所の不正行為に問題があったのです。
    ビットコインそのものの仕組は、
    ものすごく強固な監視システムによって成り立っています。

    https://youtu.be/MACC_Q43Oio


    coin.png

    ※文章は一部抜粋です

    いやぁ、デジタル通貨に関して
    凄く深く追求していらっしゃるブログだと思います^^
    勉強になりました☆有難うございます☆<(_ _)>

    何でも同じですが、
    慎重に慎重に…☆ですね^^





    posted by らら子☆ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    暗号通貨とは…☆(^^ゞ

    ゲームはそんなにやらないし、
    暗号通貨って何…?
    と思った私は、色々検索していたら
    デジタル通貨に関して詳しく書いていらっしゃるブログをみつけたので
    ご紹介します☆((*∂∀6))ノシ



    新しいデジタル暗号通貨ADAとは
    世界で10本の指に入ると言われる天才数学者
    チャールズ・ホスキンソン氏によって開発されたデジタル暗号通貨。

    彼は、イーサリアムの元CEOで
    ハーバード大学やスタンフォード大学などでも講師をしているそうですよ^^



    オンラインゲームプラットフォームで
    デジタル暗号通貨での決済を統合するようです。

    なぜ今その仕組み(基盤)が必要なのでしょうか。
    それは、今のオンラインゲーム業界には改善すべき問題点があるからです。

    今私たちが楽しむことのできるゲームは、
    大半が大手ゲームメーカーから提供されているものを
    ダウンロードしているのではないでしょうか。

    個人的にゲームを開発している人がいるとしても、
    その人が直接プレイヤーに販売し、オンライン上で決済をすることはできません。

    ゲームを決済してダウンロードするためには、
    必ず中心的な配信元にアクセスし決済する必要があります。
    開発者(ゲームオーナー)とゲームプレーヤーが直接マッチングすることはできません。

    これをゲーム以外の、日用品の買い物に例えてみましょう。

    インターネットが世の中に普及し始める90年代までは、
    日用品を購入するためには地元のスーパーや
    ショッピングモールに行って買い物するのが常識でした。

    ところがインターネットが普及することによって
    個人間の売買が拡大していくことになりました。
    ネットオークションで必要なものを購入されたことはないでしょうか。

    日用品のみならず、自動車ですらネットオークションで購入ができます。
    中古車屋さんで買うよりもはるかに程度が良くて安く購入できるからです。

    このように、日用品の売買取引に目を向けた場合、
    ネット上にはすでに、個人間で直接値段を決めて売買できる仕組みが存在しています。

    最大のポイントは、個人間でつながることが
    売り手にも買手にもメリットが大きいということです。

    現在は、大手メーカーから配信される広告によって提供されたものを買う時代ではなく、
    自分に必要なものを、自ら情報を探しに行って
    売り手から安く購入できる時代なのです。

    オンラインゲームプラットフォームであるカルダノは、
    まさに、ゲームオーナーとプレイヤーを直接結びつけ
    安全に決済できる仕組み(基盤)を作ったのです。

    このプラットフォーム上で決済の手段(基軸通貨)として使用されるのが、
    デジタル暗号通貨ADAコインです。

    https://youtu.be/SfNa0IEvQtA



    カルダノプラットフォーム上で基軸通貨となるADA(エイダ)コインが
    なぜ今後生き残っていくデジタル通貨と言えるのでしょうか?


    @目的と設計がはっきりしている

    ほとんどのデジタル通貨はオープンソースコード
    (公開されたコード)によってプログラミングされます。
    そのため、明確な目的がないコピー的な通貨が数多く存在します。
    そのようなコピーされただけの通貨は淘汰され消滅されると言われています。

    しかし、ADAコインは明確な目的と設計がはっきりしている通貨です。
    現在のオンラインゲームの抱える問題をカルダノプラットフォームが解決し、
    そのカルダノプラットフォーム上で、オンラインゲームの決済手段として
    用いられる基軸通貨として開発されました。

    カルダノプラットフォームで使用できるデジタル暗号通貨はADAコインだけです。
    つまり、開発したゲームをこのプラットフォームで世に出したい開発者とユーザーが
    マッチングする際に、その決済手段としてADAコインだけを使用することができます。

    カルダノを必要とするゲーム開発者とユーザーが増えることによって
    ADAコインは世の中で広く必要とされる通貨へと発展していきます。

    Aコミュニケーション

    そのデジタル通貨が信用できるかどうかの指標の一つに
    開発者の顔が見えるかどうかが大きなポイントとなります。
    そのデジタル通貨に価値があるかどうかを判断するとき、
    その開発者がどんな価値のある人材なのかを見定めることは非常に重要です。

    開発者が情報発信しているか、コミニティがあるか、
    作品を作ったとしても、展示しなければ誰にも知られることはありません。

    絵画の世界に例えるならば、ゴッホとピカソです。
    どちらも天才画家として有名で、今ではどちらの絵も高級な値が付きます。
    しかし、ゴッホは生前貧乏で、ピカソはお金持ちでした。
    この二人にいったいどのような違いがあったのでしょうか。

    簡単に言うと、ゴッホは営業活動が上手でなかったために
    描いた絵をすぐに売ることができませんでした。
    もちろん、ゴッホの絵は晩年に大変高額な値が付きました。
    でも、生前は貧乏な生活を送っていたのです。

    対するピカソは、絵を書いたらその場ですぐに売って収益を得ていたため、
    生前からお金持ちでした。
    ピカソは上手に他者の理解が得られるコミュニケーションを取っていたわけです。

    そうです。その違いが大きかったようです。
    同じように、どんなに素晴らしいデジタル通貨を開発し存在させたとしても、
    誰にも伝えず、コミュニケーションを取らなければ普及させていくことも
    世の中で価値のある存在になることもできません。

    よって、素晴らしい開発技術と他者との円滑なコミュニケーション力の
    両方が必要になるわけです。

    ADAの開発者、チャールズ・ホスキンソン氏は
    世界で10本の指に入るほどの天才数学者です。

    彼が開発に携わっている通貨、イーサリアムとビットシェアーズは
    いずれも時価総額ランキングで10位以内に入るデジタル通貨です。

    彼は世の中で必然的に必要とされる通貨の開発に携わっています。
    そしてそれをどのように普及させていけばいいのかについても
    しっかりとした戦略のもとで資金調達をしています。

    もちろん、そのような他者からの理解が得られるのも、
    彼自身の持っている人間性の部分での魅力が大きいからというのは言うまでもありません。

    このように、目的と設計がはっきりしていて、
    世の中で広く理解され普及し、現実的な価値のある通貨に発展することが
    今後生き残っていくデジタル通貨になるには非常に重要なポイントと言えるでしょう。

    coi.png

    ↑こんなチラシも見つけましたよ( *´艸`)
    頑張っていらっしゃいますね^^



    このデジタル通貨、
    ビットコインという通貨が爆発的に世界中で
    認知されるようになり、注目が集まりました。
    日本では、2014年2月にマウントゴックスの経営破綻で有名になりました。
    ビットコインというデジタル通貨自体が存在しなくなったかのように
    勘違いされていた方も多かったのです。

    あの事件はマウントゴックスという一つの取引所が無くなっただけであって
    全世界では問題なくビットコインは存在し続けていました。

    決してビットコインそのもののセキュリティが脆弱だったわけではなく、
    それを管理している一つの取引所の不正行為に問題があったのです。
    ビットコインそのものの仕組は、
    ものすごく強固な監視システムによって成り立っています。

    https://youtu.be/MACC_Q43Oio


    coin.png

    ※文章は一部抜粋です

    いやぁ、デジタル通貨に関して
    凄く深く追求していらっしゃるブログだと思います^^
    勉強になりました☆有難うございます☆<(_ _)>

    何でも同じですが、
    慎重に慎重に…☆ですね^^





    posted by らら子☆ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年11月30日

    世界一の投資家も警告! 波乱の2016年、日本経済はこう激変する

    2015年11月30日(月)現在

    きっと「それ」は年始早々から起こり始める。
    日本全体を巻き込んで、株も為替も不動産も会社も生活もすべてを飲み込んでいく。
    1年後に見る風景に、いまある景色は何も残っていないというほどに。

    こんな怖い出だしから始まっています><。

    驚くべき中身の日銀レポート

    「2015年10-12月期以降にリーマン・ショック級のイベントが発生したら、
    日本の株価は2016年9月末までに55%下落し、
    為替は2016年度にかけて1ドル=93円の円高となる」

    そんな身の毛もよだつような恐怖のシナリオを、
    日本銀行がひっそりと公表していました。

    その中身は衝撃的だ。

    まず、リーマン並みのショックが発生すると、「海外経済の成長率が大幅に低下。
    企業業績の悪化から海外株価が下落するほか、
    為替市場では相対的に安全通貨とみなされている円が
    大幅に上昇する(註・円高になる)」と、レポートは書く。

    さらに、「こうした大幅な海外経済の落ち込みや円高はわが国の輸出を減少させる。
    これは企業の生産を低下させ、企業収益や雇用者所得の減少を招く。
    設備投資や個人消費などの国内需要が減少し、
    国内経済の成長率は大幅に低下する」と、レポートは続ける。

    ショックの余波はそれではおさまらず、
    「国内企業の収益悪化を背景に株価が下落するほか、
    国内景気の悪化から不動産価格(地価)も下落する。
    こうした株価や不動産価格の下落は、
    資産効果による個人消費などの減少や担保価値低下による貸出の減少を通じて、
    国内経済をさらに下押しする」。レポートは、そんな目も当てられない惨状まで描くのである。

    「リーマン級のショック」が発生した場合の主だった経済指標は、
    たとえばGDP成長率は、2015年度にマイナス0・5%に転落。
    2016年度はさらに、マイナス3・2%へ大失速するという
    凄まじい不況の風景が描かれる。

    株価は、直近で1500台のTOPIX(東証株価指数)が、
    2016年には745と半分以下まで落ちる。
    日経平均株価に置き換えてみれば、
    1万円割れして9000円台まで急落下するほど、というわけだ。

    為替にしても、2016年度にかけて円高進行が止まらず、
    1ドル=100円はおろか、1ドル=93円の超円高になる……。

    火種は世界中に存在する

    レポートではこのシナリオについて、
    あくまでストレス・テストのための想定ケースに過ぎないと断りを入れているが、
    それは市場へのショックを少しでも和らげるための言い訳に過ぎない。

    世界的な著名投資家のジム・ロジャーズ氏も、本誌の取材に次のように語った。

    「米国、欧州、英国、そして日本。
    いま世界を見渡せば、どこから危機が始まってもおかしくありません。
    一旦危機が起きたら、それは各地に燃え広がり、
    世界同時不況をもたらすでしょう。
    その世界同時不況は、過去のどんな不況よりも最悪のものとなるはずです。

    私は数ヵ月前に日本株をすべて売り払いました。
    米国株も所有していません。
    2016年にも恐ろしい世界同時不況が始まる可能性はある。
    だから、すべて手放したのです」

    2016年、日本経済はいったいどんな激動に見舞われるのか。
    そのときわれわれの生活はどう変わってしまうのか。

    syo.jpg

    まず言えるのは、2016年、真っ先に日本に飛び火するのは
    「米国発のショック」だということである。

    というのも、来年は米国民が長く享受してきた好景気が一転、
    悲鳴が鳴り響く「悪夢のアニバーサリー(記念年)」となる可能性が高いからだ。

    要は、「利上げ&大統領選ショック」が巻き起こる。
    上のグラフが、そんな「没落の未来」をまざまざと予兆している。

    その分析データによれば、米国で好景気が持続するのは平均約60ヵ月。
    現在の好景気はすでに80ヵ月近く経過しており、
    いつ「谷」に落ちてもおかしくない綱渡り状態といえるのだ。

    もちろん「その時」には、日本経済も道連れだ。

    「米景気が急激に悪化すれば、
    まずブラジル、インドネシア、トルコ、南アフリカなどの新興国経済を直撃します。
    新興国の一部では、通貨危機のような事態も発生する可能性がある。
    すると、マーケットには世界同時不況への不安心理が蔓延し出し、
    世界中で株価が暴落。日経平均株価は1万5000円を割るまで落ちるでしょう。
    急激な円高も進み、1ドル=100円に近付く。
    日本企業では、業績の下方修正ラッシュとなりかねない」
    (日本総研副理事長の湯元健治氏)

    続けて欧州に目を転じれば、「ドイツリスク」が浮上してくる。
    言うまでもなくその元凶は、排ガス不正問題に揺れるフォルクスワーゲン(VW)。
    仮にドイツ発で欧州経済が失速すれば、多くの日本企業が打撃を受けます。

    2016年は、中国の失速からも目が離せない。
    特に、最近の日本経済を大きく支えている
    インバウンド消費が一気に冷え込みそうだから、恐ろしい。

    「来年は中国の人民元が、IMF(国際通貨基金)に認められて
    国際通貨に仲間入りしそうですが、これで人民元の暴落リスクが高まる。
    現在の人民元はすでに高すぎる水準だが、
    これが国際通貨入りで取引の自由度が高まることが確実になると、
    一気に暴落しかねない。
    その時、『爆買い』は終わる。

    悪材料はそれだけではない。

    「私が心配しているのは、郵政株の問題です。
    現在は華々しく株価が上昇していますが、
    リスクオフの気配が高まる来年のマーケット環境では、
    こうした大型上場株ほど売り浴びせられやすい。

    私は来年の4月以降に株価は下降局面に入ると見ていますが、
    そうなれば大勢の個人投資家が損を抱え込みかねない」
    (元スイス銀行トレーダーの豊島逸夫氏)

    約170万人と言われる郵政株保有の個人投資家が損を抱えれば、
    おのずと消費も減退、それがさらに景気の足を引っ張って……
    という負のスパイラルが巻き起こるわけだ。

    国内も、世界も、どこを見渡してもリスクだらけ。
    ロジャーズ氏のように「暴落」を見据えて、
    ひとまずは身軽になって備えるのが賢い選択かもしれない。


    2016年、来年早々始まるって書いてありますねΣ(゚Д゚)
    やっぱり、米国の利上げがキッカケにでしょうか…。
    なんだか怖いですね><。
    今、日本株は、2万円の壁を乗り越えようと頑張っているのに
    (今日はかなり下落してましたが^^;)
    来年は。。。
    そんな時に、金が上昇するのかなぁ。。と思います。
    でも、その予想がハズレることを願いたいですよね。



    posted by らら子☆ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年11月29日

    ATMなど外国人旅行者向け対応を充実☆



    海外からの旅行者が急増していることを受けて、
    金融機関の間ではATM=現金自動預け払い機の案内をより多くの言語で表示したり、
    海外で発行されたカードでも利用できるようにしたりして、
    外国人旅行者向けの対応を充実させる動きが広がっています。

    日本を訪れる外国人旅行者が急増していますが、
    宿泊施設の不足に加え、ATMの使いにくさも課題として指摘されています。

    こうしたなか、コンビニエンスストアなどでATMを展開している「セブン銀行」は、
    ATMの画面の表示や音声による案内を、これまでの英語や中国語など4つの言語に加え、
    新たにタイ語やインドネシア語など合わせて12の言語で行うことになりました。

    銀行では、これで外国人客の9割が利用しやすくなるとしていて、
    来月中旬までに全国2万台余りのすべてのATMで対応できるようにする方針です。

    開発責任者の松橋正明常務執行役員は、
    「日本は現金の利用率が高い国なので、
    現金をより便利に下ろしてもらうことが経済の活性化、
    観光の振興につながる」と話しています。

    また、海外で発行されたキャッシュカードやクレジットカードで
    日本円を引き出したいというニーズを受けて、
    大手銀行のほか横浜銀行や京都銀行などの地方銀行も
    より多くの海外のカードが使えるATMの導入を進めることにしていて、
    外国人旅行者向けの対応を充実させる動きが広がっています。


    今、為替は円安だから、
    海外から多くの方が遊びに来て下さるんですよね^^
    私だったら、少しでも手数料の安いところが
    良いなって思いますけど〜(^^ゞ笑

    あと、両替機もあったら
    海外の方はもっと助かるかもしれませんよね♪( *´艸`)





    posted by らら子☆ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    「留学費用が安い都市」ランキング、大阪が世界6位 トップは台北


    2015年版「QS世界学生都市ランキング」が発表され、
    「留学費用を安く抑えることができる都市」として
    日本からは大阪が6位にランクインした。
    1位は同率でメキシコシティと台北。

    日本の都市のうち、大阪以外で上位20位以内にランクインしたのは、
    13位の京都、17位の東京。
    東京は「総合ランキング」では7位だったものの、
    留学費用に関してはそれよりはるかに低い順位となった。

    同ランキングは、英国の大学評価機関「クアクアレリ・シモンズ(QS)」がまとめたもの。
    同じくQSがまとめた「QS世界大学ランキング」に入った大学がどれくらいその都市にあるか、
    その順位はどうか、留学生の比率や暮らしやすさ、就職率、留学費用といった
    5つの尺度から世界の都市を評価している。

    総合ランキングおよび尺度ごとのランキングが発表されている。
    今回はこのうち、留学費用のランキングに焦点をあてる。

    2015年「留学費用」ランキング結果(上位20都市、カッコ内は国名)

    1位 メキシコシティ(メキシコ)
    2位 台北(台湾)
    3位 ベルリン(ドイツ)
    4位 ウィーン(オーストリア)
    5位 ミュンヘン(ドイツ)
    6位 大阪(日本)
    7位 マドリード(スペイン)
    8位 バルセロナ(スペイン)
    9位 サンディエゴ(アメリカ)
    10位 プラハ(チェコ)
    11位 上海(中国)
    12位 ブリュッセル(ベルギー)
    13位 北京(中国)
    13位 京都(日本)
    15位 香港(中国)
    15位 ブエノスアイレス(アルゼンチン)
    17位 東京(日本)
    17位 ヘルシンキ(スウェーデン)
    17位 モスクワ(ロシア)
    20位 モントリオール(カナダ)


    メキシコシティ(メキシコ)総合50位
    授業料は年間平均4000ドル、物価も安いが治安の悪さが難点

    台北(台湾)総合25位
    授業料平均は3800ドル、物価の安さは中位だが都会を楽しめる

    大阪(日本)総合48位
    食べ物のおいしさや大阪弁など独特な文化にも注目

    大阪は留学費用で6位で「暮らしやすさ」では17位。
    総合だと48位だそうです。物価なども関係してくるようですよ。

    総合と暮らしやすさの順位が知りたいです私…(;´Д`)笑


    posted by らら子☆ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年11月28日

    なぜ大阪の人は騙されにくいのか?



    なぜ大阪の人は騙されにくいのか?
    大江英樹氏が語る「投資の3大原則」


    株式投資において大事な3大原則とは?

    大江氏が話した株式投資において大事な3大原則。

    1.投資の基本はあくまでも自分の頭で考えて判断すること。投資に信仰は禁物!

    2.自分で勉強し、努力をしなければ収益を得ることはできない
    (人に運用を委ねる投資信託でも同じ)

    3.上記のことをやるつもりがないのであれば、
    人に任せて損をしても一切文句を言わない、あるいは投資はしない


    この3大原則について面白い話がある。
    大江氏によると、大阪の人は詐欺被害にあいにくい傾向にある。
    なぜなら、疑問に思ったことをとことん追求する姿勢があるからだ。

    逆に詐欺に騙されやすいのは誰か?
    答えは大学教授や企業経営者などである。
    自分が知らないことに対する恥ずかしさが見え隠れする人ほど、
    詐欺にあっさりと引っかかってしまうのだという。

    詐欺とまでは行かないまでも、
    証券会社や保険会社の営業マンから金融商品を勧められる場面があるだろう。
    そんなときは、とにかくわからないことは聞くことである。
    「質問をはぐらかす営業マンはあまり信じないほうがいい。
    逆にとことん付き合ってくれる人は信頼してもいいかもしれない」と大江氏。
    ぜひ「聞く」姿勢を大切にしたいものである。

    株は最も価値の高い知的労働だ

    日本人は「お金」「投資」というと少し後ろめたいイメージを持つ人が多い。
    「株の儲けを不労所得だ」という人もいる。
    そのことについて大江氏は「株式投資の儲けは不労所得ではない。
    むしろ、株式投資は最も価値の高い知的労働である」と言い切る。

    価値の高い知的労働とは何か?
    例えばCEOは判断を下すのが仕事である。
    どのようなものに投資すればどのようなリスクがあるのかを考慮した上で、
    どこに資金を投下するかを判断し、その結果失敗したら
    その責任を取るのが仕事である。
    これは株式投資とまったく同じである。

    情報を集め、企業価値を分析して見極め、
    最終的に資本を投下するかの判断をする。
    そしてリスクを自分で取るというものである。
    「投資家の仕事はリスクをとること、そうでないとリターンは得ることができない。
    不労所得だと考えているからうまくいかないんです」と大江氏は投資のコツを語った。

    気になる投資情報です^^




    posted by らら子☆ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年11月25日

    フリーメイソン190年分の名簿をネット公開☆



    秘密結社などといわれる「フリーメイソン(Freemason)」の
    190年分、200万人の名簿がインターネット上で公開された。

    大英帝国時代に政治家のウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)や
    作家のオスカー・ワイルド(Oscar Wilde)、
    ラドヤード・キプリング(Rudyard Kipling)らが会員だったことが示されている。

    公開されたのは1733〜1923年の会員記録で、
    英国および大英帝国の会員が中心。
    英家系調査ウェブサイト「アンセストリー(Ancestry)」が
    デジタル化し、インターネット上で公開した。
    記録には、氏名、職業、居住地、入会日といった詳細情報が含まれている。

    フリーメイソンは中世の英国で、商工業者らの同業者組合(ギルド)から発祥し、
    儀式やシンボルを多用する男性結社となっていった。
    今回公開された記録は、ロンドン(London)にある
    「ユナイテッド・グランドロッジ・オブ・イングランド(United Grand Lodge of England)」に
    保管されていた原本から取得された。

    デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)紙によれば、今回の記録には
    警察官5500人、判事170人、国会議員169人、
    司祭16人、インド人の王子1人が含まれている。
    また会員に多い職業として技師、商人、官吏、農民などを挙げている。

    著名な人物では後に英首相となるウィンストン・チャーチルが、
    1901年5月に26歳でスタッドホルム(Studholme)のロッジ(支部)に
    入会したと記録されている。

    フリーメイソンはこのところ、組織についてオープンにし、
    自らに関する陰謀説を払いのけようと情報を公開する動きを見せている。
    現在、イングランドだけで20万人を超える会員がいると言われている。
    かわいい引用元はこちら

    高須クリニックの先生もフリーメイソンで
    オープンにお話しして下さってますよね^^
    興味深々です笑





    posted by らら子☆ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年11月23日

    「金」の買い時は今?ソロス氏41億円など大物投資家が買い増し

    2015/11/09 現在

    「金」の買い時は今? ソロス氏41億円など大物投資家が買い増し

    かつては「ゼロにならない投資」として大きな脚光を浴びた金投資だが、
    ドル強気の影響も手伝って価格は過去4年間で40%も下落している。
    しかし価格暴落後もジョージ・ソロス氏を含む大物投資家達は買い増しを続け、
    ヘッジファンド業界は1520オンス(430トン)の金塊であふれ返っているという。

    「向こう1年間は回復の見込みナシ」FRB、ゴールドマン

    8月上旬には1オンス1085ドルまで落ち込み約5年ぶりの最低価格を記録したほか、
    12月の利上げ導入を示唆する米連邦準備制度理事会(FRB)、
    イエレン議長のコメントが発表された直後には、更に6%(75ドル)以上の下落を見せるなど、
    当面回復や安定の見込みがなさそうな印象を受ける。

    今後予想通り米国で12月に利上げが実施されれば、
    ドルの価値が上昇し金の価格はさらに大幅な落ち込みを見せるだろう。

    FRBやゴールドマン・サックス証券を含む大半の金融エキスパートは、
    「最終的に1000ドル前後に落ち着き、その状態が3カ月から1年間続く」と予想している。

    ソロス氏41億円 ドラッケンミラー氏430億円を投資

    しかし金は証券や債券などと違って紙クズに変わる危険性がなく、
    国際経済状況や貨幣価値次第で価格が再び高騰する可能性をふんだんに秘めている。

    現在の金が「叩き買いするにはもってこいの長期投資商品」という事実を知っている
    投資家達が買い増しを続けていることは、決して「危険なギャンブル」ではないのだ。

    「伝説の投資家」ジョージ・ソロス氏は3360万ドル(約40億9269万円)、
    ポールトン&カンパニーのジョン・ポールトン氏は15億ドル(約1827億958万円)、
    グリーンライトキャピタルの創設者、デビッド・アインホーン氏は
    1億5100万(約183億9276万円)相当の金投資を行っている。

    なかでも元デュケーヌ・キャピタル・マネジメントの創設者、
    「最高のファンドマネージャー」の呼び名で知られたスタンレー・ドラッケンミラー氏は、
    8月の時点でポートフォリオの25%にあたる3億5300万ドル(約429億9765万円)を
    金に新規投資するなど、大変な力の入れようだ。

    中国 インドの金消費が半分に

    こうしたヘッジファンドの「金買占め」がだぶつきを引き起こし、
    将来的に逆に金の価格上昇を妨げる原因となりかねないことから、
    一部では懸念を唱える声もあがっている。

    一方、世界最大の金消費国だった中国とインドでは
    需要が約半分(914.9トン)にまで落ち込み、
    国際的には第2四半期の対前年同四半期比が12%減となっている。

    かわいいドルコスト平均法は本当に万能か?”やめ時”を見極めよう

    相場は、良く変わりますよね。
    世界経済を常にチェックしていないと、
    状況が変わってしまいます。
    情報チェックを忘れずに((*∂∀6))ノシ







    posted by らら子☆ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年11月10日

    日本の現状 ☆

    政府の借金、国民1人あたり830万円に



    スポンサードリンク




    財務省は11月10日、国債や借入金などを合計した額が、
    9月末時点で1054兆4243億円になったと発表した。
    6月末の1057兆2235億円と比べ、2兆7992億円減少した。
    国民1人当たりでは、約830万円の借金を抱えている計算となる。

    借金の内訳は、国債が約888兆円、
    銀行などからの借入金が約54兆円、
    一時的な資金不足を補うために発行する
    政府短期証券が約115兆円だった。

    6月末に比べて借金が減少したのは、
    政府短期証券の残高が約9兆円減少したことによる影響が大きい。
    一方で、国債は約6兆4000億円増加。
    財務省の計算では、2016年3月末の借金は、
    約1167兆円になる見込みで、
    依然として借金が増加する傾向は変わっていない。

    借金が減らないと、債務による利払いが増え財政赤字が拡大することになる。
    財務省が2015年2月に発表した試算では、
    今後も利払費は増え続け、2022年度には20兆円を超える状態になるという。



    「親より良い生活はできない」日本や欧米諸国など先進国は見通し暗く

    人間は加齢とともに成長してやがて老いるが、
    それは社会にもあてはまる。
    このアナロジー(類推)で言えば、
    日本はすでに老いを迎えた社会だ。
    経済発展(成長)の山はとうに越え、
    これから先は縮小するだけ。

    このような見通しは、人々の将来の展望にも反映され、
    「これから先、生活は悪くなる」と考える人が増えてきている。

    (中略)

    アメリカの調査機関ピュー研究所が2014年に実施した国際意識調査では、
    「子どもの将来の暮らし向きは、親世代よりも良くなるか、
    それとも悪くなるか」と尋ねている。これに対する日本人の回答を見ると、
    79%が「悪くなる」と答え、「良くなる」は14%しかいない。
    しかしこうした傾向は万国共通ではない。

    希望が持てる社会と、そうでない社会。
    日本や欧米諸国は後者だ。
    発展を遂げた後、将来の見通しは悪くなる一方という、
    先進国の悲哀が感じられる。

    一方、よくなると答えたのは、
    今後も発展が望める途上国が多く位置している。
    昨今の経済発展が著しい中国やインドネシアも、この中に含まれている。

    図1.には、それぞれの社会の位置付けが如実に表れている。
    日本も高度経済成長期の頃は右下にあったのだろうが、
    現在では左上にシフトしてしまっている。

    各国の位置は、高齢化のレベルとも関連が深い。
    日本では少子高齢化が急速に進行し、
    将来の現役層の負担が大きくなることが見込まれている。
    子どもの将来を悲観する人が多いのも無理からぬことだ。
    イタリアやギリシャも同様の事情を抱えている。


    日本のピークは過ぎて、
    経済的に厳しくなっていくって事ですよね。
    日本だけではなく、世界全体も…って感じですよね。

    最近私、相場をよく見るようになりました。
    社会の出来事によって相場って変わってくるから、
    どうして上がったのかな?下がったのかな?
    と、チェックするようになりました。

    自国の事だけではなく、
    世界の出来事でも相場は変わってくるから、
    世界とつながっているんだな〜って
    改めて思います。






    posted by らら子☆ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年10月17日

    カリスマ投資家のお話し☆




    2015年10/14現在のお話。
    状況は日々変わっていきますよね^^;



    メモがわりの情報です(^^ゞ



    posted by らら子☆ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年10月02日

    何があっても大丈夫なように☆

    与沢翼さんって覚えていますか?^^
    ネットビジネスで与沢塾をされてて
    秒速で一億を稼ぐ男。とか言われていましたね^^

    そして倒産に至ってしまった。。
    (正確に言うと倒産ではなかったような…)

    そして今は
    シンガポールでトレードを勉強されているようですよ。

    私は与沢さんとは何のかかわりもないんですけど、
    与沢塾の1期生と言う方々には、少々縁があるようで(^^ゞ

    縁があるっていっても、1期生の方が発信している情報を
    たまたま見つけて、参考に読んだりしている程度なんですけどね(^^ゞ

    そしたら、その1期生の人と
    与沢さんとの対談動画と言うのがあって、
    皆にも広めてほしいと綴ってありました。

    どうしようかな。
    と思ったんですけど、
    人生の生き方の、ひとつのヒントになるのでは?
    聞いて損はないと思うし…。と思って書くことにしました(^^ゞ

    生き方と言うのが、私もそうだなと思うところもあるので
    余計にそう思ったのかもしれません。

    会社勤めだけで、大丈夫?
    万が一、会社がどうにかなっても、
    自分の力で生きていける方法があったら、
    それに越したことはありません。

    与沢さん達は、
    この先の日本は大企業だけに頼っていてはダメで
    これからは個人がそれぞれに力をつけていく事が大事。
    みたいなことを言っていましたが、
    私もちょっとはそうかも…。と思っています。
    が、大企業の力が弱くなって大丈夫なのか?と疑問もあるけど、

    大企業に限らず、どんな会社でもだけど、
    その会社で上手くいってる上層部の人は良いけど、
    上手くいかない人だって出てくると思うから、
    もしかしたら、上手くいかなかった人たちが
    個人の力を付けて、落ちずに上がっていける方法というか人生も
    必要なのでは?と思っています。

    メールアドレスを入力しなきゃいけないけど、
    ひとつの話しとして聞いても損ではないかもしれませんよ^^

    http://directlink.jp/tracking/af/1391802/oUijKJfl/

    個人の力が上がる=国の力も上がる。
    に、繋がると思ってもいるので^^

    そうそう、動画は3時間と、めっちゃ長いですけど…笑
    興味のある人は、見ても損はないかもしれませんよ^^
    良かったら参考までに、どうぞ☆





    posted by らら子☆ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年09月25日

    世界一、寄付しない日本人が損していること☆

    カリスマ投資家がやさしく教える経済の本質


    投資を英語で表記すると、「invest」(インベスト)だそうです。
    つまり、「ベスト(衣類)を着用する」ことであって、
    「身につける」という概念だそうです。

    一方、日本語はどうかというと、「投資」とは「資本を投げる」。
    身につけるとは反対の概念ですね。
    (この話は草食投資隊の渋澤健さんから聞いたそうです)

    • 「invest」…身につけるイメージ
    • 「投資」…手放すイメージ

    なぜこんなことになったのでしょうか。
    日本人は、1万円の投資をすると、
    「1万円が手元から消えてしまった」と喪失感に痛みを覚えます。
    なぜなら、日本人が「現金主義」だからです。
    投資に不安を覚えるのは、ポケットや財布の中から
    「現金」がなくなってしまうからです。

    では投資とは何かというと
    「エネルギーを投じて、未来からお返し(リターン)をいただくこと」です。
    投じるエネルギーの中には、おカネ、時間、情熱、努力、知恵などが入っています。

    一方リターンの中には、おカネ、商品、サービスのほかに
    「感謝」「経験」「知識」といった目に見えないものも含まれています。

    日本人の心には「豊かになることは汚れることだ」とする風潮があります。
    しかし、本当におカネは「悪」なのでしょうか。


    世界一、寄付をしない日本人

    日本人はアメリカ人に比べ、寄付をしません。
    日本人の寄付の金額は、
    「年間で、1人当たり約2500円」だといわれています。

    一方、アメリカ人の年間平均は、13万5000円です。
    毎月1万円以上寄付していることになります。

    公共経済学では、
    世界的に見ても「日本人は公共心がない」と公表されています。
    経済は互恵関係ですから、寄付も投資もしないということは、
    社会に貢献しようという意識が薄い、と評価されてもしかたありません。

    仮に1万円を寄付することになったとします。
    たしかに、あなたの手元から「1万円札」はなくなります。

    けれど、寄付先との間に共有感があって、
    心理的につながっていれば、1万円は寄付先に移動しただけで、
    「減ってはいない」ととらえることもできるはずです。

    ところが日本人は、根本的には個人主義なので、
    「自分のおカネがなくなった」と考えてしまう。
    寄付よりも、投資よりも、「とにかく貯蓄が大事」と
    現金を抱えているのが、日本人の気質なのです。


    おカネ=エネルギーの缶詰

    「おカネ=エネルギーの缶詰」だと解釈しています。
    エネルギーの缶詰には「2種類」あって、ひとつは「過去の缶詰」です。
    その人が働いた報酬としての缶詰で、「過去の結果」が詰まっています。

    ところが、おカネを「過去」のために使うことはできません。
    おカネを使えるのは、いつだって「未来」に対してだけです。
    おカネは、つねに現在と未来に橋を架けていくもの。
    「未来の缶詰」でもあります。

    だからこそ、使い方次第では力の源になるし、
    他の人を幸せにすることもできます。


    赤ちゃんがいるだけで経済が動いている

    「経済」というと、商品をつくったり売ったりするイメージがありますが、
    じつはそれだけではありません。
    「すべての人」が経済活動に参加しています。

    専業主婦や学生のように、労働の対価として
    おカネをもらっていない人たちも、
    経済主体のひとりです。どういうことでしょうか。

    「赤ちゃん」を例に考えてみましょう。
    赤ちゃんは、ひとりでは何もできません。
    おカネを稼ぐことも、おカネを払うこともできません。
    お父さんやお母さんに支えられて生きています。

    ですが、投資家の視点で見ると、
    「赤ちゃんがいるだけで経済が動いている」
    と考えることができます。

    赤ちゃんは、オムツ、ベビーカー、ミルク、哺乳瓶、ベビーベッドなど、
    ベビー用品を消費するだけですが、
    もしこの世から赤ちゃんが消滅してしまったら、
    ベビー用品を扱う会社は存続できません。

    赤ちゃんがいることによって支えられている会社はたくさんあります。
    赤ちゃん関連の会社に勤めている人は、赤ちゃんが存在しなければ、
    給料をもらうこともできないでしょう。

    つまり、自分で稼ぐことができない赤ちゃんでさえ、
    立派に経済活動をしていることになるのです。

    「経済とは何か」を突き詰めて考えていくと、
    こんなことがわかります。

    「人は、ただ生きているだけで価値がある」
    「人は、ただ生きているだけで誰かを支えている」

    生産活動に参加していなくても、
    消費活動を行っているだけで「誰かの役に立っている」のです。

    すごく奥の深い内容だと思います

    先日のニュースで、
    アグネス・チャンさんの公式ツイッターに殺害予告
    (↑すぐ音が出るので注意)
    という内容がありましたが、その疑いで
    中学3年の少年の家が家宅捜索され、
    「慈善活動をしているのに、豊かな生活をしているのが許せなかった」
    と、容疑を認めているそうです。

    中学3年生!?と驚きました。
    でも中高生の頃って思春期のせいか
    心って不安定ですよね。

    大人になるほど、
    だんだん理解度も上がっていく気がします。

    子供の傍にいる大人の存在って、大きくも感じます。
    差し延べる手があれば、間違った行動を
    止められたかもしれません。

    それから、慈善活動って大切な事だと思います。
    自分の出来る範囲が大きな人は、すごいな!って思います^^

    かわいいJOYPOIの、社会貢献と主婦も喜ぶ懸賞賞品!?




    ラベル:経済
    posted by らら子☆ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2015年09月18日

    投資の神様ジム・ロジャーズ氏「金融危機の爆発は近い」「私は日本株をすべて投げ売った」

    2015年09月14日(月)の記事より

    先日、投資の神様ジム・ロジャーズ氏「日経平均は3万円まで上がる。
    私も日本株を買い増したばかりだ。ただし…

    と言う記事をUPさせて頂いたのですが、
    世の中変化しましたね><
    日経平均、18,000円位ですよね…

    米国の格付けが、日本国債のランクを下げた。
    という記事を見にしたのですが…。
    そして、韓国や中国よりランクがひとつ下になったと。
    えっ…!?なんで?と思いましたが。。

    取りあえず、相場が落ち着いてほしいですよね。。
    ジム・ロジャーズさんの記事を載せたかったので、
    UPします。




    posted by らら子☆ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済についてのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


    商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。





    「SUM」の商品はこちら
    〜「SUM」とは〜 S.M.が自社に所属する東方神起や 少女時代など多数のアーティストと コラボレーションし企画・開発した商品のブランド


    チケットぴあ

    ☆あると便利なサイト☆

    チケットぴあ
    Amazon
    楽天
    セブンネット
    TOWER RECORDS
    TSUTAYA
    楽天トラベル
    国内じゃらん
    海外 じゃらん
    H.I.S. 海外・国内旅行
    楽天 高速バス予約
    えきから時刻表
    スマホやPCで映画や海外ドラマを!Hulu
    暮らしを軽くする LOHACO
    ポンパレモール
    WowApp-共有の力で良い事を☆

    チケットぴあ






    ローリングストーン日本版 2016年 1・2月合併号 [雑誌]

    Rolling Stone Japan Edition 本日発売☆ Rolling Stone Japan Edition is out today!

    Hydeさん(@hydeofficial)が投稿した写真 -